[RF]月の始まりに思う事

RF Onlineを始めて、半年が過ぎました。あっという間ですねぇ・・・。
オープンβが終わる間際にうちの想留はノバスに降り立ったわけですが、その後ちまちまと育って現在はLv.43になっております。
この子はキャラを作った時から、アサシンにすると決めていました。

今日はそんな思い出話と、最近のRFについて思うことを。





RFの世界でアサシンを作ろうと思ったのは、消えながら攻撃するスキルを持っているというクラス特性を知ったときでした。
同じような職は他種族にも存在しますが、クラス名がアサシンだったので、コラに。
ベラートのインフィルトレターがアサシンというクラス名だったら、想留は今頃ベラートに居たことでしょう。

ですから、デュアル職なんて考えたこともありませんでした。
ひたすら遠隔遠隔。(平行して近接・フォースも上げていましたが、遠隔が一番キツかった)
育てていくうちに、遠隔職はあまり火力がなく、中でもハンター系はアーチャー系に比べて攻撃力が低いことも分かってきました。

なんか、すごくマゾい道を歩んでいる気がする・・・。

人間関係も思ったように作れず、これじゃぁオフラインで遊んでいるのと変わらない・・・。
古巣のROに帰ろうかと、何度も思いました。
でも、想留がまだアサシンになってない。せめて40転職するまでは頑張ろう。

そう思い、加入したギルドが'Trick'でした。
元ランカーを含む小さいながらもパワーのあるギルドで、ギルド狩りも頻繁でした。
お陰で想留も何とかイダーに行けるようになり、その頃から友達も徐々に増えていきました。
平行して、聖戦にも参加。
その頃はベラートの黒機甲がやたらと強く、黒が3体も参加していれば圧倒的にベラート有利な内容になる、という程。フォースでは太刀打ちできず、遠隔では更に何もできない。
そこで、私にできることは何だ?と考え、偵察に出ることに。

姿を消すことで、重要なポイントへ到達する可能性が少し高くなります。
初めの頃は見つかったらすぐに倒され、偵察にもならずに悔しい想いをしました。
回避スキルはあるものの、それでは到底追いつかない。
だったら防御を上げて、HPを増やそう。
見つかっても足止めされないように、デバフを封じるフォースを持ち歩こう。

そうやって、現在の想留に育ちました。
強さ、という面ではあまり目立ったところはありません。
プレイヤースキルなんて、ほとんどありません。

でも聖戦で少しでも生き抜いて、コラの指揮官に有効な情報を伝えたい。
そう思いながら、鉱山を走っています。
先日行われた偵察に関する講習でも、偵察は死んでからが大切、貢献は諦めて、という発言がありました。そういう部分は、確かにあります。
死に姿を敵に晒して、ひたすら抹茶を流して。

でも自分が流した情報が、自族を有利にするきっかけを作った時は本当に嬉しいし、これからも頑張ろうと気力が湧きます。

もしヲリやフォサで偵察をしていて、死んでばかりで嫌だな・・・と感じている人が居るなら。
ぜひハンター系の職で偵察をやってみてほしいな、と思います。
消えることで、偵察の幅も広がります。死ぬときは死にますが、ただ殺されるのを待つよりは聖戦を楽しめると思いますよ。

長々と拉致も無いことを書き並べましたが、RFでこういう事をやりたい!と目標を持ってキャラを育てていくことが、RFを楽しむ事につながると思います。
ゲームの中で愚痴ばっかり言っててもつまらないですからね。楽しんでいきましょう^^
[PR]

  by riku-hien | 2006-04-01 20:14 | RF Online

<< [RF]4月ですなぁ・・・ [RF]スロー記念日(ぉぉ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE