タグ:小説 ( 3 ) タグの人気記事

 

『ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン』

ようやく読み終えたので、感想を。

ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥 / 角川書店
 
 

+あらすじと感想+(ネタバレ)
[PR]

  by riku-hien | 2006-07-16 23:16

嫌われ松子の一生(上・下)/山田宗樹

とりあえず感想をアップしときます。
映画を観ない人も、観るかもしれないけどわかんない人もドウゾ。

嫌われ松子の一生(上)
 

+あらすじと感想+(ネタバレ)
[PR]

  by riku-hien | 2006-06-09 21:02 | +独り言+

嫌われ松子の一生(上・下)/山田宗樹

ちょっとですね、気持ちが落ち着かないので小説でも読もうかと。

「思うように書けないときは、読む」が、私のモットーなので。

少し前に買った雑誌の裏表紙に、たまたま映画公開に先駆けた広告が載っていた『嫌われ松子の一生』が、妙に気になっていたので購入。
実は先週、上巻を読んだので、今日下巻を買ってきました。既に半分、読み終えたり。

このヒロイン、すんごい一生を送るんですよ。
もう公開されてるのでネタバレでも何でもないのですが。

中学校の教員になって、窃盗事件に巻き込まれ、クビ。
そんな立場で田舎に居られず、家出。
同棲相手の物書きにせがまれ、水商売に足を突っ込みかけたら相手が自殺。
そのままソープ嬢になり、ヒモに食われている事を知りヒモを殺害。
自殺しかけたところで声をかけてきた理髪店の亭主と同棲。
2ヵ月後に居場所がバレて逮捕、刑務所へ。

よくもまぁ女一人の人生にここまでつぎ込んだなと、作者に言いたいくらい波乱万丈。
物語の初っ端、彼女が殺害されたという事実からこのストーリーは始まるので、殺されたのはまぁ揺るぎないとして・・・案外、死ぬときはこの人、幸せな気持ちで死んだのかしら・・・とか、これで哀れな死に方してたら、ほんと「浮かばれない人生」で終わっちゃうじゃん・・・とか思いつつ、読み進めています。

一人だと、かなり心臓バクバクです。
だって実際に自分の身に起こってたらただ事じゃない!って感じの事が次々と起こるんだもん。でも作中では、松子の甥っ子が読者の手足となって、松子の一生を紐解いていってくれます。
彼について行けば、松子の真実が分かるはず。
ラストが楽しみな一作です。

ちなみに。
映画はコメディだそうですよ。中谷美紀が主演(松子役)です。エルメース!!
[PR]

  by riku-hien | 2006-05-23 23:35 | +独り言+

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE